USD/HKDを考える(3)運用方法 - ココパパのFX為替スワップ金利生活への挑戦ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップにブックマーク BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

USD/HKDを考える(3)運用方法

今回はUSD/HKDの運用方法を考えてみたいとおもいます。

関連過去記事 ---------------------------------------------------------
いつもご訪問ありがとうございます。
応援のクリックをして頂けるとブログ更新の励みになります!
↓↓↓ここをクリック
にほんブログ村 スワップ・長期投資派
FXスワップ運用に必要なあらゆる情報が大集結 (・∀・)イイ
USD/HKDの情報もあります゚.+:。∩(・ω・)∩゚.+:。ゎ~ぃ
---------------------------------------------------------

この通貨ペアの投資では、
USD/HKDを考える(1)特徴辺りを参考にしていただければ分かると思いますが、
限られた極々狭いレンジ内での推移となるドルペッグ制の特徴を生かした
ハイレバレッジ運用がポイントとなります。

そのハイレバレッジ運用をする上で
下限レート付近まで達した場合の最大為替差損、ポジションを維持する為の保証金の額など
多少の計算が必要になってきます。
それ程難しい計算では無いのですが、この計算を誤って大量のポジションを持ってしまうと
ロスカットになってしまう可能性が高いので注意が必要です。

先日、20万円の資金に対してポジションを10万通貨単位建ててしまいましたが、
後どれくらい余裕があるのでしょうか?

それではこれを例にして20万円の資金を投入したとして、
ポジションを最大どれだけ建てられるか計算してみたいと思います。

※【注意】SVC證券の必要証拠金率が1%から3%に変更になりました。(2008.10)
下記の計算式(3)を各業者の条件に合わせて計算してみて下さい。
アイ・トレードFX  レバレッジ100倍(実質400倍) 必要証拠金率1%(維持証拠金率25%)
CMS レバ400倍 必要証拠金:1万通貨あたり25ドル(維持証拠金同じ)→詳しくはCMS運用方法
FX Online Japan レバレッジ200倍 必要証拠金率0.5%(維持証拠金率同じ)

【 条件 】
  • 資金20万円
  • SVC證券で運用(ロスカットは必要証拠金(総取引金額の1%3%)の75%を割り込んだ場合)
  • 買い付けレート 7.7800HK$(9/21現在)
  • ロスカットレート 7.7450HK$(余裕を持ってレートの下限より少し下)に設定
  • USD/JPY レート107.30円(9/21現在)
  • HKD/JPY レート13.80円(9/21現在)
【 計算方法 】
  1. ロスカットレートまでの下落幅を計算
    7.7800-7.7450=0.0350
  2. 1万通貨単位での損失額を計算
    13.80×10000×0.0350=4830円
  3. 1万通貨単位でのポジションがロスカットされない為の証拠金
    107.30×10000×0.01(必要証拠金率1%)×0.75(必要証拠金の75%でロスカット)
    =8047円
  4. 1万通貨単位を安全に持つ為の証拠金
    4830+8047=12877円
  5. 20万の資金で持てるポジション枚数
    200000÷12877=15.5万通貨単位
    (注)SVC證券では5000通貨単位からポジションが持てます。 しかし50000通貨単位未満での取引ではチケットフィーという名の手数料で片道5米ドルかかります
  6. レバレッジに換算すると
    1073000÷12877=約83倍

現在10万通貨単位保有しているので、後、約5万通貨単位ほどの余裕があるのでしょうか?
これは詳しく、保有しているポジションの現時点での証拠金の計算をする必要がありますが…

現在良い感じでレートが下がってきていますので、レバレッジを83倍程度まであげても
安全に運用出来るようですね。
通常のスワップ運用では安全レバレッジ3倍までと言われていますので、
なんだか通常では考えられない高レバレッジで心配に思われる方もいると思いますが、
下限レートが香港政府に保障されいるUSD/HKDでは間違いなく安全なレバレッジと言えます。

本来ならこの条件でシミュレーションしてみたいのですが、
残念ながらこの通貨ペアは下記のような特徴がある為、シミュレーションが困難です。
・為替レートが上がるとスワップが下がる。
・逆にレートが下がるとスワップは上がる。
・金利の動向によりマイナススワップになる場合もある(現在がそうです)。

よって一日のスワップがいくつなので利回りがいくつで何年後には資産が何倍になる。
などの計算が難しいので計画的な運用にな向かないのかもしれません。

その時々の条件で持てるポジション数を計算し、その時点でのスワップポイントが分かれば
1日当りのスワップが計算出来ますので、各々計算してみてくださいね。

しかし、間違いなく安定した通貨ペアな事に変わりはありませんし、
現在のような激変の相場にこそ真価を発揮します。
運用資産の最大半分位までの割合で精神安定剤的な意味あいも含めて
運用していけたら良いのかなと考えています。


又、高レバレッジながらも安定したスワップ運用が出来るUSD/HKDですが、
実はスイングトレードにも向いている様です。
といってもスイング+スワップの複合技でしょうか。

通常考える運用手段としては、
レート下限付近での取引による為替差損を限定した上での、
スワップ運用+レート中間地点に回帰するという特徴を生かした為替損益狙いでしょうか。
これが一番安全ですよね。

しかし、下限付近までいつになっても下がらないって事も可能性としてはありますよね?

そこで上記以外の手段として、
下限が決まっていて下がってもいずれは中間地点に回帰する訳ですから、
中間地点付近でポジションを建てて、上がれば為替損益+少しのスワップ運用で決済。
下がっても、為替損益が0かプラスの所に戻るまでスワップ運用。
しかも下がれば下がるほどスワップが増える!!

という、どっちに転んでも嬉しいなんとも美味しすぎて逆に何か落とし穴があるんじゃないかと
疑ってしまいそうな方法も出来るようです!
実際に実践している方が多数いらっしゃいます。

ここら辺の方法も視野に入れて運用すれば、
他の通貨ペアでのスワップ運用よりもエントリーの時期に余り気を使わず、
その上格段に安全に運用できそうですよね。
(スイングトレード的な事も出来るので退屈しないピース←私的にはこれが超重要(笑))

ここまで良いことばかり書いてきましたが。
USD/HKDを考える(1)特徴でも書いたようにデメリットもありますので、
それを踏まえた上で取引していければと思います。



現在レートが下がってきていて絶好の仕込み場が到来していますが、
一つ気になる点があります。

それは、現在USD/HKDがマイナススワップになっている点です。

先日のリーマンブラザーズ経営破綻に端を発した金融不安により、
米の短期金利が急上昇していてUSD/HKDに限った事ではないのですが、
スワップが逆転したり、極端に上がったり、下がったりしています。

ただ、現在が異常な状態ですので徐々に回復していくでしょう。
本来なら現在の様にレートが下がった状態では、
香港ドルの短期金利を下げレートの中間地点に誘導するような政策をとります。
そうしないと7.7500~7.8500という範囲から外れてしまいますので…

今後の動向に注目です。


ランキングUPが更新の励みになります。
現在FXスワップ・長期投資派ランキングの順位が上昇してきました。
ありがとうございます。
是非応援のクリックをよろしくお願いします <(_ _)>

  にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  

オススメ記事  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップにブックマーク BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

FX為替ブログ
いつもコメント&応援ありがとうございます^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008-09-22 11:39 | from -

はじめまして。
USD/HKDの運用を考えている者なのですが、質問があります。

上の「計算方法」についてなんですが、USD/JPY レート107.30円(9/21現在)
HKD/JPY レート13.80円(9/21現在)
とあるように、レートが9/21で計算されていますよね?
もしポジションを持ったあとにHKD/JPYレートが大きく下がった場合、資産は円で計算されるので、場合によっては上の方法ではロスカットになってしまう可能性があり、安全圏とはいえないのではないか

と考えました。FX経験がないので私のほうが間違っているのかもしれませんが、いかがでしょうか?

2008-09-24 13:40 | from yu

ココパパさん、こんばんは^^

今はレバ100倍で出来るまで下がってきましたね^^
このハイレバで出来る状況、後のスワップの仕込にも良いですし、スイングも安心で良いですよね~

応援ぽちっ♪

2008-09-24 21:56 | from 魚屋

>yuさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

yuさんのご指摘の通りです。
ポジション保有中のHKD/JPYのレートによって影響を受けます。
ただし、HKD/JPYが円安方向、つまりレートが上がった時が問題です。

例えばUSD/HKDのレートが
7.7800 → 7.7600 になった場合、-200HKDの為替差損が発生します。
これを円換算すると、
HKD/JPY 13.80円の時 → -2760円
HKD/JPY 14.80円の時 → -2960円
の様に為替差損がマイナスの場合は、
円安になればなるほど損が膨らみます。

仮にUSD/HKDのレートが下限ギリギリまで到達していて、
大幅な為替差損が発生している(維持証拠金ギリギリで維持している)様な状態で、
USD/JPY(HKD/JPY)が大幅な円安に進むとロスカットされる可能性は無いとは言えません。

いずれにせよHKD/JPY(USD/JPY)のレート上昇によるロスカットへの影響は、
USD/HKDのレート下降による影響と比べると軽微です。
現在はマイナススワップと冴えませんが、プラススワップに戻ればHKD/JPYの影響を
考えなくてもよいレベルにすぐなると思います。

また、今回の記事本文の計算ではロスカットレートを
保障下限レート7.7500より低い7.7450に設定して計算していますので、
レートが7.7500を割り込む場合やHKD/JPYの影響にも対処出来るかと思っています。

万全を期すなら計算する際に、ロスカットレートを低い位置に設定するのに加えて、
USD/JPY(HKD/JPY)のレートを高く見積もって計算しても良いかもしれませんね。

だだ余りにも余裕を持たせすぎて計算すると運用効率が落ちてしまいますので、
そこら辺は実際に運用してみて徐々に余裕の範囲を狭めて行けばいいかと思います。

私もまだこの段階ですので一緒に勉強してきましょう^^

質問ありがとうございました。
また何かありましたらコメントお願いします。

2008-09-25 02:39 | from ココパパ

>魚屋さん
こんばんは。

レバ100倍いいですね~!
スワップもスイングも狙えるなんて最高です。
しかし7.75台での買い逃しました…
もう一回下がらないかな~

応援ぽちありがとうございました。 

2008-09-25 02:50 | from ココパパ

おはようございます!

やっとわたしもUSD/HKDの仲間入りを果たしました♪

実はわたしも↑yuさんが書かれている点が
少し気なっていたので、(心配性・・・(--;)
少し余裕を見たポジション取りをしちゃいました。
(10万円の資金で8万通貨買い)

これからじっくり育てていきたいと思ってますが、
まだまだSAXO系システムをわたしはよく理解していないので、
ココパパさんのブログ、参考にさせて頂きます♪

今後とも宜しくお願いします(^^)/
応援ぽちっ♪

2008-09-25 06:53 | from うみんちゅ~ | Edit

>うみんちゅ~さん
おはようございます。

USD/HKD仲間やったー^^

今レート下がって良い感じですが、
何分不安定な状態なので少し余裕を持った方が良さそうですよね^^

いえいえ、私もまだまだ勉強中の身ですよ!
私こそ参考にさせて頂きます♪

応援ぽちありがとう^^

2008-09-25 09:47 | from ココパパ

トラックバック

http://fxtumitate.blog21.fc2.com/tb.php/50-8683457b

紫外線は怖い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。